鉄板魂
升屋 武蔵境店のスタッフが、ツレヅレナルママニ 書いています。お客様と少しでもお近づきになれれば幸いです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七窪 vs. 魔王

さてさて、今日はあまりお馴染みではない焼酎をご紹介。

その名は

「七窪」 (鹿児島)

あ、ちょっと待ったちょっと待った。
いまウィンドウ閉じようとしませんでした??

コレ、結構うまいんだから!話だけでも聞いてって!

まずなんたって、ビンがキレイ。

七窪

この七窪。実は、「魔王」の生みの親、名匠 前村貞夫杜氏が手がけてます。

ほら、少し飲んでみたくなったでしょ?

「魔王」と飲み比べたマニアな方のブログが
こちら→ http://washu.blog91.fc2.com/blog-entry-6.html

ま~なんてマニアックな方…
と、思ったら ウチの元店長、現とんくろ虎ノ門店の店長・宮澤師匠の
ブログではございませんか。

あらやだビックリ。ほ~んと偶然。

で、ボキャ貧のワタクシが書くと、ひとこと。

「魔王より七窪のほうがウマイ」。

是非一度お試しあれ。スイスイいっちゃいます。
ちなみに当店では一杯680円(税別)です。

赤霧島
え~みなさま
大変 ながらく
お待たせいたしました。

赤霧島1

「霧島」の文字、赤いフタ。

「くつろぎの霧島」とか、書いちゃってありますが、もはや くつろいでいる場合では
ございません。

即 売り切れ間違いなし。










赤霧島2

赤霧島 到着!

う~ん。金文字って、写真に撮るとき困る。照明当てると
キレイに写らない…

http://www.kirishima.ne.jp/news/20070301/index.html

はい、↑こちらです。

甘みの豊富な「紫優(ムラサキマサリ)」という新種のお芋さん
を使っているそうで。

この赤霧島。通称アカキリ。
その香りのすばらしさをよく、「貴腐ワイン」にたとえられておりますが

ワタクシ

貴腐ワインを




見たこともありません。

(*´ー`)

勉強しよ…
佐藤 白・黒 そろい踏み!

先日の「魔王」に、勝るとも劣らぬ 超プレミア焼酎入荷です。


佐藤

佐藤 白&佐藤 黒 まさか、まさかのそろい踏みです。

白・黒 片方だけでも入手困難!両方そろったのはホントにまれなこと。
両方そろったら、是非一回やってみたかったことが。

どうしよう。やっちゃおっかな。

よし、やっちゃおう!







佐藤2

白黒反転!!

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

満足♪(満面の笑み)


いや、ちゃんと飲み比べましたよ。こんな機会はまずありませんから。

白は「半分はやさしさでできています」って感じのやさしぃ~味。飲みやすい!
黒は飲みやすさの中に、ググっとインパクトがある。

どっちもうめぇ~★

今なら「飲み比べ」できちゃいます。この機会、お見逃しなく!

魔王 参上

魔王(着衣)


来ました!たった今、武蔵境にあのプレミア焼酎到着。
象が踏んでも割れないくらい、丁重な包装。

さっそく 脱いでもらっちゃいましょう。


 


 





ぢゃぢゃ~ん

魔王(脱)


どうも。こんにちは。魔王です。

ショットで880円。
こんな値段で売るオバカサン、たぶん升屋 武蔵境店だけでは…?

間違いなく、あっという間に売り切れます。ご来店はお早めに!

入荷情報!

 ウチの店の特徴は、 『女性客』の多さ。
店長がイケメンだから…ではなさそうですが、約半分が女性。

居酒屋業態では珍しいほど、女性のお客様に支持されております。ありがたやありがたや。

本日入荷したお酒、2種。 特に女性にウケる!オススメです。


桃酒


左:すてきな桃酒
右:すてきなうめレモン酒

埼玉の「麻原酒造」さんのお酒。どちらもアルコール度7°と、飲みやすい♪

 桃酒は、果汁が底にどっぷり沈んでいるほど モモ~ って感じ。
わかりやすく言うと、大人の「ピーチネクター」です。

あ、「ピーチネクター」って、今話題の不●家だ!
大丈夫。賞味期限は切れてません。


 うめレモン酒は、『梅酒にもぎたてレモンを丸ごと搾った天然果汁たっぷりのお酒です』と、
謳っているとおり。酸味があって、食中にさっぱりと飲めます。
もはや「梅酒」ではありません。ベツモノとしてお楽しみください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。